Success Key Voice

自分の能力を上げて成功するサイト

Read Article

将来、不安なく暮らすために

不安なく暮らすために必要なこととは何でしょうか?
それは以下の3つが全てそろっている状態を言います。

1.健康に不安がない状態

2.経済的に不安がない状態

3.精神的に不安がない状態

一つずつ解説していきます。

1.健康に不安がない状態

まずは健康になることです。
これを一番最後にまわしてしまう人が多いのですが、
健康が一番最初です。

なぜならば重い病気になり健康でいられなくなれば
幸せな暮らしが崩れていきます。

いくら資産を築いても、いくら収入があっても、
いくら大好きな人たちに囲まれて暮らしていても、
死んでしまっては意味がありません。

それに“今よりもっと豊かになる”ことを目標に
頑張っている人にとっても、
成功するためには健康状態を高いレベルに保ち、
パフォーマンスを上げていかなければなりません。
(スポーツ選手が良い例ですね)

目標を達成するために、そして幸せに暮らすために、
まずは健康に時間とお金を投資しなければなりません。

今すぐに健康的な生活を追求してください。
できることはたくさんあります。結果は直ぐに出てきます。

 

2.経済的に不安がない状態

今、あなたが持っている収入源が将来ずっと存在するのであれば
お金に対して不安になることはありませんね。

しかし、どんなに立派な大企業でも将来のリスクはあるし
(倒産・買収・業績悪化・リストラなど)
絶対勝ち続けられる投資もありません。
価値が減らない資産もそんなに多くありません。

そしていつ病気やケガをして仕事ができなくなるか
わかりません。

億単位ぐらいのありあまるほどの現金でも持っていなければ
将来のお金の不安が全くないとは言えないでしょう。

ではどうしたら将来のお金の不安はなくなるのでしょうか。

『これだけやれば確実に不安がなくなります!』

なんてものは残念ながらありません。

まずは一つの収入源が無くなっても大丈夫なように、
収入源を複数持ちましょう。
柱になる収入源が複数あれば、運悪く仕事が一つ無くなっても
収入がゼロになる最悪な状況にはならないでしょう。
リスク分散の意味で収入源を複数持つのです。

しかし、増やす収入源は何でも良いわけではありません。
あなたの身体は1つですから仕事(労働)を増やすのには
限界があります。
だから働かなくても(労働しなくても)収入が発生する
不労収入不労所得
を増やしていかなければなりません。

どんなビジネスも成功するまでは労働をともないますが、
成功して仕組みができてしまえば自分が働かなくても
お金を得ることができるビジネスがあります。

それはインターネットやスマホの普及によって昔より
格段に簡単なものになりました。
不労収入を安定的に得ることができるようになれば、
会社(労働)を辞めて自由な時間を増やすことも
夢ではありません。

そうやって収入源を増やしていけば、
経済的に不安がない状態になることができます。

 

3.精神的に不安がない状態

3番目は“心”の話しです。

 

よく、

「成功したあの人がなぜ不幸になってしまったのか・・・」

って話しをよく聞きませんか?

 

大成功した人が悪い誘惑に負けて

大きく転落していく人生の話です。

大成功した俳優さんや女優さんが

悪い縁に振り回されてしまって

悪い薬物に手を染めてしまう話しなど

よく聞きますよね。

 

実はそのすべての問題が心の問題なんです。

 

多くの人は、外見や外面や社会的成功を

追い求めるばかりに、

大事なことを忘れてしまっています。

 

大事なことは心を良い状態に保つことです。

心の良い状態とは“良い感情”でいることです。

 

人に愛を与えて、

すべてに感謝して、

生きていることに歓び、

未来に希望を抱き、

幸せを感じてください。

 

逆に気を付けなければいけない

“悪い感情”とは、

 

人を批判したり、

他人に敵意を感じたり、

誰かに怒りをぶつけたり。

毎日、何かに苛立っていたり、

心配したり、恐怖を感じたり、

罪悪感に悩まされたり。

 

悪い感情は不幸を招きます。

 

良い感情は幸せを引き寄せます。

 

成功したのに不幸。

これでは意味がありません。

 

成功と幸せはイコールではないってことを

憶えておいてください。

 

良い心の状態を常に保ってください。

愛と感謝で心が満たされていれば

あなたは幸せです。

 

もう精神的な不安などないはずです。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top